どこに頼めばいいのか

白い建物

不動産を相続する場合、相続税がかかります。相続税が払えないために不動産売却を余儀なくされるというケースもあります。 不動産売却をするためには、まず不動産の名義を書き換えなければいけません。 この手続きは相続登記といって、法務局に申請書を提出する必要があります。 遺産相続の権利がある人が複数いる場合、遺産分割協議書を作って誰が不動産を相続するか決めなければいけません。 こういった手続きには法的な知識が必要になるため、弁護士や司法書士などの法律のプロに依頼することになります。 相続に強い弁護士を探すには、インターネットや電話帳で相続専門と書かれている事務所を探すと簡単です。相談センターなどで紹介してもらうこともできます。

不動産売却のサポートを専門に行っている弁護士は、不動産売却に関する免許を持っています。 法律に詳しいだけでなく、土地の時価や税金の知識も豊富です。 土地や不動産がいくらで売却できるかきちんと判断できなくては、遺産の分割でトラブルを招くことになってしまいます。 そういったことのないように専門の税理士と提携しているなど、実務的な体制を整えていることが多いです。 専門の弁護士であれば、相続登記から不動産売却までを一括して手続きを行ってもらえるのが人気の理由です。 実務経験が長く、多くの案件をこなしている弁護士は信頼できるので人気があります。 不動産をそのままにしておくと毎年固定資産税がかかるので、売却を考えているのであれば早めに依頼することが必要です。