仲介料の簡易計算方法

部屋

仲介手数料の上限は法律で定められており、消費税を除いて、売却額の200万円までは5パーセント、200万円から400万円までは4パーセント、400万円以上の場合は3パーセントと定められています。つまり、400万円を超える不動産の場合、3種類の金額の合計を計算する必要があり、ややこしくなってしまいます。 そこで簡単に計算する方法として、400万円を超える不動産は、売却額の3パーセントに6万円を加算する計算方法があります。仲介手数料を決める際は、自分でもあらかじめ計算しておきましょう。

売買契約が成立すると、成功報酬として仲介手数料を支払う必要があり、不動産会社の売り上げのほとんどが仲介手数料であると言われています。しかし、近年、不動産業者間の競争が激化しており、仲介手数料を無料にする業者や半額にする業者も現れました。 仲介手数料が売り上げのほとんどのはずなのに無料にできる点を疑問に思われる方もいると思われますが、これは仲介手数料のシステムを利用した方法で可能となります。 不動産の売買契約が成立するということは、自分の不動産の売却先がいるということです。業者は、両方から仲介手数料を請求することが可能ですが、半分の金額をあきらめることにより、どちらかを無料にすることが可能となります。もちろんその分不動産会社の収益は半額になりますが、仲介手数料をもらうことは可能となります。 仲介手数料が無料の業者は、インターネットで検索しても多数見つけることができますので興味のある方は検索してみましょう。